趣味のあれこれ語ります。


by poo2323
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

タイホンダ LS125R

タイホンダのバイクに短期間乗っていました。
a0079019_21181516.jpg

 タイホンダといえば、アンダーボーンフレームという感じですが、スリムなフルカウリングがついた2ストバイクです。
 24馬力ぐらいあったと思います。ハンドル位置は結構高く乗りやすかったです。パワーバンドが限られているし、回して走るエンジンです。パーンとうなりながら走っていきます。
 車重がとっても軽くひらひらと走ります。言い換えれば安定感はありません。
キックしかついていなく、プラグをよくかぶらせていました。
タイらしくカラーリングが派手派手です。ケバイです。カウリングの塗装はいまひとつ。
 
a0079019_2119341.jpg

メーターの200キロとありますが、あくまで気分です。
 結局小型に満足できず、中免を取りにいったのです。
LS125Rを下取りに出し、ホンダVTR250を買いました。
by poo2323 | 2006-06-29 22:56 | ハーレー | Comments(0)

初バイクGN125撃沈

子どものpooが生まれたため、自動車をミニバンに買い替えざるをえなくなった。
車に趣味をいかせなくなったことから、バイクに少しずつ傾倒するようになった。

 とはいっても、当初は車中心の思考だったので、維持費の安い小型のバイクを対象にすることになった。

 だが、125CCのバイクはカタログ上からほとんど死滅していた。ほとんどが通勤快速スクーターである。
 輸入物ではアプリリアのRS125が魅力的であった。
しかし、値段をみれば、国産の250CCが余裕で買えるではないか。
国産ではカワサキのエリミネーター125がいい感じ。
 現行ではいかんせん選択肢が少ない。

 昔の雑誌をひもとけば、全排気量様々なバイクが存在している。
125CCクラスもそうであった。中古なら程度のいいものが奇跡的に残っているかもしれない。

 そこで、GOOバイクをもとにいろんなバイク屋めぐりが始まった。
京都から八尾まで出かけていく。

 レッド○ロンでみつけたのが、GN125。
アメリカン、うーん、ビジネスバイク。走行1万キロ、値段は結構する。その当時125CCはGOOバイクで皆無状態であった。試しに購入。現在なら絶対に買わない。値段の折り合いが悪すぎる。その後に発売された海外生産版が買える値段だった。大損。
 
 GN125は初心者には良いバイクである。アップライトで乗りやすい。シフトインジケーターまでついている。遅い。カスタムパーツなんて当然ない。ビジネス実用バイクなのだ。
 
 走りがいいとか悪いとかは、エンジンが素直にかかればの話。
 バッテリーがいかれていたのか、プラグ類が悪かったのか。今となってはわからないが、始動性がすこぶる悪すぎた。中古の外れを買ってしまったのだ。やっぱり大損。中古購入の難しさを知った。

 しばらくして、タイホンダLS125Rに乗り換える。
今となっては遅いが、さっさと大型免許を取ればよかったのだ。
by poo2323 | 2006-06-29 04:41 | Comments(0)
 スポーツスター1200Lのカスタムをしました。
といってもほとんどウソ!
a0079019_22464327.jpg

フロントにバッグをつけてみました。
荷物固定用のネットやロックを入れています。
a0079019_22481487.jpg

荷かけフックもつけてみました。

 後はサイドにバッグをつけようかな。
今回はマフラーなどのカスタムは一切するつもりはないのです。今のところ。
もっと速くしたいのなら、別のバイクを買っておりました。
国内メーカーなら、時速300キロ近く出せるバイクを手に入れられるでしょう。
形も気に入ってるし、ゆったり乗るのが今の自分に合っているのです。
あー、でかすぎるステップは交換するかもしれません。
by poo2323 | 2006-06-28 23:02 | Comments(0)

マイヘルメット

 バイクに乗り出して6年。
いくつかヘルメットを持つようになりました。

 はるか昔の大学時代はホンダDJ1Rの乗っていたのですが、この時代はフルフェイスをかぶっておりました。
 きっと中免バイクにあこがれがあったのでしょう。
また、そのころは2ストレプリカバイクがまだまだ元気な時代でした。

 まず、小型免許を取って、買ったのがこれ。
a0079019_2135916.jpg

黒のラインがセンターよりわずかにずれています。粗悪じや!頭を狙撃されています。

 中型を取って買ったのがこれ
a0079019_2136215.jpg

ヤマハ製でチンガードが昇降するタイプ。このころはこういう仕掛けがかっこいいと思ったんだなあ。脱着はとても良好です。やはり、ライフルで撃たれました。

 次に買ったのは、CB400SSアーバンカフェに合わせて。
たまたま車体と同じようなカラーリングがありました。
a0079019_2138568.jpg

ただ、125CC用なので、頼りない感じです。高速になるとぶれてきます。こわ。
 キキのタンデム用になっています。頭に合ってないだろうから、新品を買ってやりたいです。

 今ハーレーに使っているのはこれ。アライ製。落として傷つけてしまいました。
a0079019_21403318.jpg

かぶり心地もよく、高速もバッチリです。

 おまけ
 これはpooがこまなし自転車練習に使ったメット
a0079019_2142941.jpg

 こまなしになり使っておりません。もったいない。本人いわく、「流れ星のヘルメット」

 これは自分の自転車用、ベル製です。ベルという名前に負けて買いました。
a0079019_2143727.jpg

 あまり使っておりません。もったいない。
by poo2323 | 2006-06-27 21:53 | Comments(0)

華麗なるヒコーキ野郎

a0079019_1911868.jpg


 誰でも忘れられない映画があると思います。
特に少年期に受けた影響はその後の人生にも関わってきます。

 艦長のフェィバリット映画は「華麗なるヒコーキ野郎」です。
 うちの父親はヒコーキが大好きで、実家にはたくさんの模型ヒコーキが飾られています。
 埋立地などでラジコン飛行機を飛ばしたものです。その父親が映画を観にいこうと言い出したのです。1975年小学校5年ぐらいのときでした。

 第一次世界大戦後のアメリカが舞台で、複葉機での遊覧飛行やスタントが繰り広げられます。
 それまでは、ジェット戦闘機やゼロ戦に興味しかなかったのですが、複葉機のかっこよさにやられてしまいました。宮崎監督の「紅の豚」に近い雰囲気です。
 
そして、ロバート・レッドフォードはかっこよすぎです。こんなかっこいい人がいるんだと目を点にして銀幕をみつめておりました。
 すぐに、レッドフォードが当時の大人気スターで、「明日に向かって撃て」でスターダムにのしあがったことを知ったのでした。アカデミー監督賞も受賞し、現在まで第一線で活躍している人です。
 
 サントラの作曲はヘンリー・マンシー二です。「ピンクパンサー」や「ティファニーで朝食を」で有名です。これもとてもよかったです。
 しかし、飛行機好きでないとついていけないところもあって、大ヒットには至りませんでした。
 「トップガン」のほうが完成度は高いと思いますが、昔のヒコーキ乗りのかっこよさ、オープンコクピットのスリリングはとても印象に残るものです。
 逆宙返りの撮影は地上が逆転したような錯覚をもたらしドキドキしたことを覚えています。
 
 残念ながら、監督のジョージ・ロイ・ヒルは今年亡くなってしまいました。(「明日に向かって撃て」「スティング」を監督)
 ロバート・レッドフォードも70近くの年齢になり、かつての面影がなくなりつつあります。
しかし、70年代のレッドフォードは今も映像の中で光っているのです。
 
a0079019_19364480.jpg

 数年前に手に入れたカーチス・JN4・ジェニーの模型です。劇中のスタントで使われていました。J・スチュワートの「翼よ、あれがパリの灯だ」の中で、リンドバーグの回想シーンにも登場した機体です。時間ができたらじっくり作りたいです。

by poo2323 | 2006-06-27 19:37 | 映画 | Comments(0)

今日は暑すぎです。

 仕事の合間をぬって、パスポートセンターに行ってきました。
一時間ほどしか時間がなかったのですが、なんとか間に合いました。

 あわてていたので、証明写真の髪型はふわふわのくしゃくしゃです。
写真は残酷です。
 気持ちは変わらないのですが、写真は客観的に現在の自分を映し出します。
 もうちょっと痩せんといかんのう。

 今頃、妻のキキと息子のpooも天王寺にパスポート申請に行っているはず。
幼稚園児のくせに、フランスとスイスに行くなんて生意気です。
 昔なら考えられません。今の子はめぐまれとるのう。

 親戚の人からマイルをドカンともらったのです。清水の舞台から飛び降りる気持ちで海外に行くことになりました。
 飛行機の中のpooが恐ろしい。

家に帰ると、ハーレーからキーホルダーが届いていました。
大量まアンケートに答えた結果送られてくるものです。
どんなんかなー。
a0079019_18205420.jpg

うーむ、微妙だ。
もうちょっとメタルメタルしたのが欲しかったのだが。
ハーレーはキーホルダーですら正規で4000円はするので、まあいいかあ。
by poo2323 | 2006-06-27 15:13 | Comments(0)

CB400SSアーバンカフェ

 ハーレーの前に乗っていたバイクを紹介します。

ホンダCB400SSアーバンカフェです。



全国限定100台で、不人気?も手伝って乗っていた二年間一台も見ることはありませんでした。

ロケットカウル・アルミロングタンク・シングルシート・マフラー・ステップなど外装はほとんど原型をとどめてません。

a0079019_23321881.jpg


グーバイクで検索して見つけました。SRとかCBとか関係なくこの形がほしかったのです。

ポジションもきついし、荷物も積めないし、長距離には全く不向きなバイクでしたが、雰囲気はとてもよかったです。とても軽くてひらひら乗れました。反面スピードを上げると安定性にかける感じがしました。
a0079019_2337012.jpg

手元に置いておきたかったのですが、小遣いで車検バイクを二台維持できません。(ハーレーの維持費もバカにならないようですし)
a0079019_233443.jpg

ご覧のとおり、キックしかついていません。
こんなバイクは毎日乗ってこそコンディションが保たれるようで、一週間に一度ぐらいでは、ご機嫌斜めでエンジンをかけるのに苦労することが多かったです。

パーツはキジマで作られていて、バックステップなど多くのパーツが廃盤になっています。
ロケットカウルやシングルシートもヤフオクでたまに見かける程度です。
このバイクは外装を中心にカスタムされていて、スカチューンはされていましたが、キャブレターはニードルが少しいじられている程度です。FCRに換えるのか悩んだものです。

このバイクは近所の子どもに仮面ライダーのバイクみたいだと結構評判?でした。
by poo2323 | 2006-06-26 23:50 | ハーレー | Comments(0)

来たぞ! ハーレー!!


a0079019_2259379.jpg

a0079019_23135761.jpg

a0079019_23145329.jpg

ハーレーダビッドソンXL1200Lが納車されて、20日ほどたちました。
結構乗りやすくて満足しています。
梅雨があけたら、プチツーリングに行きたいなあ。
でも、仕事が忙しすぎなのでいつ乗れるのか分からない状態です。
260キロでも取り回しは楽チンです。
教習所のCB750の方が重く感じました。不慣れだったせいもあるでしょうが、
ハンドル位置が高いためと思われます。

旧タイプほどではないでしょうが、国産にないエンジンの鼓動感が気に入っています。

バイク、収集しているオモチャ、好きな映画について徒然なるままに書いていこうと思います。
by poo2323 | 2006-06-26 21:10 | Comments(0)